drops-udf

概要

drops-udf は drops の入出力フォーマットを OCTA UDF に 変換するためのラッパースクリプトである。

バージョン

0.2.0

ライセンス

GPL

ソース

ドキュメント

バイナリ (version 0.1.2)

コンパイル・インストール

drops-udf は Linux 上で開発・テストを行っており、コンパイルおよび実 行はUNIX/Linux 環境を前提としている。drops-udf は主にシェルスクリプト で記述されているため、Microsoft Windows 上で動かす場合は Cygwin (http://www.cygwin.com/)等を使用する必要がある。

drops-udf は drops および xudf を必要とするため、 あらかじめこれらをシステムにインストールしておく必要がある。

drops-udf は autoconf/automake を使用しているため、多くのフリーソフトウェアと 同様にコンパイル・インストールできる。
$ zcat drops-udf-0.2.0.tar.gz | tar xvf -
$ cd drops-udf-0.2.0
$ ./configure
$ make
$ su
# make install
GNU tar を使っている場合は zcat drops-udf-0.2.0.tar.gz | tar xvf - の代わりに tar zxvf drops-udf-0.2.0.tar.gz としてもよい。

また、RedHat 系 Linux ディストリビューション (RedHat Linux, Fedora Core, TurboLinux, Vine Linux 等) であれば SRPM から RPM をリビルド・ インストールすることができる。SRPM のリビルドについては rpm の man ページ (もしくは rpmbuild の man ページ) を参照。

Microsoft Windows 用には MinGW を用いてビルドしたバイナリと シェルスクリプトを用意した。実行には UNIX 互換環境 (Cygwin, MinGW 等) が必要である。ファイルは drops インストーラからインストールするか もしくは zip アーカイブを展開すれば得られる。実行ファイルのある ディレクトリにパスを通して、シェル上で dropsudf を実行すればよい (dropsudf はシェルスクリプト として実装されているため、コマンドプロンプトから直接実行することは できない)。


[戻る] [English]

address.png

Last modified: Tue Oct 9 10:56:47 JST 2007